May 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

宿題の取り組み方・授業での約束事

宿題の取り組み方

授業は宿題に出すページを確認したうえで、扱う問題を考えています。 つまり、宿題は全問正解できるように授業を実施しています。 だから、完璧にできるのです! できないといけないのです! 間違いが0になるように取り組もう! 偶然とれる100点よりも、狙って取る100点に意味がある! 3問以上(20問以上ある宿題では)間違えるな! できる!

【共通】

ゞ欄は作らない。

…白紙は最初からあきらめたことになる。 分からないなと思ったら、まず授業で使ったワーク・プリントを見る! それでも分からないなら、教科書を見る!

⊆遡笋里△詭簑蠅砲蓮×印を必ずつけておくこと

…ただし、下記のやり方を実施した後です。 また解けたがやり方に自信がない問題は△を付ける

4岼磴┐疹豺隋峇岼磴┐寝鯏を消さない」「正しい答えを上から書かない」。

…別のところに赤(青)で書くこと。 何をどのように間違えたのかを見直せるようにしておく。

そ病螻稜Д謄好箸80点以上をとれるように勉強すること。

…確認テストは、宿題と似た問題です(同じ問題ではありません)。 「しなさい」と言われたからする宿題では何の意味もありません。 また意味もないことをすることには反発するはずです。 合格するという目標のためにするのです! 不合格の場合は、追加の宿題を出します。3回連続不合格の場合は、呼び出し+問題演習となります。 また90点以上合格で1point、満点合格で2pointsです。 40pointsで図書カードなどをGETできます。

【英語】

 崚する語句を選べ」や「適する形に直しなさい」は解答の根拠となる箇所に線を引く。

 例: He (ア. study イ.studies ウ.studied) English yesterday.

◆崙本文に合う英文になるように、空所を埋めなさい」問題では対応する箇所を消すこと又は 空所に入る箇所に線を引く。(英語から日本語のパタンも問題も同じです。)

 例: 私たちは昨日英語を勉強しました。 We (         ) English yesterday.

「並べ替えなさい」の問題は使った単語に線を引き、消すこと

ぁ嵎造拌悗─廚函岷兀酳検廚量簑蠅蓮日本文の主語と動詞に印を入れること

 例: 彼らは昨日、英語を勉強しました。 ( studied / they / yesterday / English ).

【数学】

〃彁嗣簑蠅蓮暗算でできる計算でも、途中の計算を必ず書くこと(計算問題以外でも同じ)

∧絃和蠅任蓮(1)求めなさいと言われていることに線、(2)問題文に出てくる数字と単位を丸で囲み、(3)解答を導くことのできる文を常に探す癖をつけること

4愎堯⊃涎舛量簑蠅蓮¬簑蠅鯑匹鵑如⊃泙暴颪れていない関係(平行や等しい)や数値があれば書き込むこと。 また書き込んだすでに分かっていることから、他に何かわかることないか、あるいは答えを求めるためには何が分かればいいのかを常に考える癖をつける。 そこまで考えても分からなければ必ず質問する。

い泙進からない問題はまず模範解答があれば、それをきちんと写すこと。 写したら、模範解答の手順通りに実際に解いてみる。

…模範解答はスペースの都合上、説明を省くことが多いので、なぜそうなるか分からないときには必ず質問する。

ゴ岼磴┐震簑蠅鷲ず1日以上空けて必ずやり直しをする

 毎日(自学)ノートにするとよい。 この時、問題と図などを写したら、模範解答は一切見ずに解けるか確認する。

【理科・社会】

。洩筍嬰式問題で、基本語句を徹底暗記する。その時、キーワードに必ず線を引くこと。

 キーワードを見ただけでその語句が思い浮かぶようにする。 また答えから、キーワードを思い出す練習もできるとよい。

 (例) 後醍醐天皇が行った、天皇を中心とするしい治を何というか。 (答)建武の新政

 →建武の新政は「後醍醐天皇」の「天皇中心」の政治だから、武士が不満をもったと分かる

記述の問題こそまず暗記である。まずは調べてでも埋めて、空欄を作らない。

【国語】

‘媛鯡簑蠅呂修療えの根拠に常に線を引く。

例えば、小説では「なぜ、悲しかったのか」と聞かれれば、悲しいことを示す、風景の描写や人物の行動などが必ず書かれてある。 「何となく」や「勘」ではなく、国語こそ答えを本文から探すのである!

漢字は丁寧に書く!語句の問題は辞書を使って完璧に!

相手に伝わらない漢字は無意味です。 入試でも0点です。 大きく丁寧に書くこと。 また語句の問題は辞書を使って調べること。

【最後に】

出題者(問題を作った人)の意図(考え)を考えながら問題を解いていこう!

そのためには、常に「なぜ」「どうして」と考えながら問題を解くことです! 

成績が良い人は「いい質問をします」。「いい質問」とは

 ー分で分かる・できるところまでを把握している

 ◆屬覆爾海海呂海Δ覆襪里任垢」と具体的に聞いてくる

 J兇蕕錣靴い海箸箚違いしやすいポイントを聞いてくる

です。 は指導者にしか分からないことですが、「いい質問」をするために上の取り組みを実践してみてください。

 

授業での約束事

◎席に着いたら、宿題の提出の準備をして、確認テストの勉強や前回の授業ワークやプリントを見ながら、チャイムが鳴るまで待ちましょう! 3分前着席を厳守する

◎提出物は授業の前に宿題と一緒に提出してください!

◎宿題や確認テストのやり直しのときは、ワークやプリント見ても、少し考えても分からない時は「分かりません」と素直に言いましょう! ダラダラ考えない!

◎宿題は完璧に仕上げよう! 分からない、自信がない問題は、(1)塾の授業で使ったプリントやワーク、(2)教科書、(3)辞書や学校の教材で調べれば必ずできる!

◎机の上の消しゴムのくずは、自分で片付けて帰ってください!

◎プリントはファイルに綴じて帰りましょう!

◎確認テストは合格しよう!

 ・100点→満点合格 2ポイント      ・90点以上→合格  1ポイント

 ・80点以上→合格  ポイントなし      あとは不合格→−1ポイント

◎確認テスト10分、宿題・確認テストやり直し10分以内で終わるように取り組みましょう!

◎忘れ物、いい加減な取り組みは禁止!ポイントを大幅に減らすとともに、2回目からは取りに帰る、居残ってやり直しをしてもらいます。

「やるなら完璧に(真剣に)!」

comments

   
pagetop